世界で見つける旅の思い出 こだわりの旅をプロデュース

海外旅行情報
旅行記
旅の写真集
お気に入り

マレーシア・クアラルンプールの意外と知らない観光情報5選

独立記念日パレード
植民地時代の建築物も多く残るクアラルンプール

植民地時代の建築物も多く残るクアラルンプール

多民族多宗教国家マレーシア。首都クアラルンプールは、マレー人・華人・インド人の3大民族だけでなく様々な先住民が住み、その多民族達が持つ文化と宗教が自由に平和に共存するエネルギッシュな街です。街中にはLRT、KTM、MRTなど近代的な電車が東京のメトロの様な役割をし、どこに行くにも便利。その一方、ピカピカのショッピングモールのすぐそばに屋台が賑わう一角があったり、チャイナタウンの中にヒンズー寺院があったり、アジア特有のごちゃ混ぜ感も満載な街。こんな街面白いに決まってます!

ショッピング&屋台を楽しむ【ブキッ・ビンタン】

ブキッビンタンの中心ショッピングモール「パビリオン」

ブキッビンタンの中心ショッピングモール「パビリオン」

クアラルンプールに来たら必ず行く事になるだろう「ブキッ・ビンタン」。KLセントラル駅よりLRTやモノレールで数駅、地元の若者にも観光客も集まるクアラルンプール随一の繁華街と呼ばれるエリアです。ブキッ・ビンタン中心部には有名ブランドの店舗や映画館の入る「パビリオン」を始め、「スンガイ・ワン・プラザ」、「ロット10」などの巨大なショッピングモールがいくつも建ち、その周辺にはホテルやレストランが集まります。KLCCと空中歩道ウォークウエイで繋がっているので雨に濡れる事もなく、大通りを渡る苦痛もなく便利です。

アロー通りのシーフード屋台!美味しそう~!

アロー通りのシーフード屋台!美味しそう~!

このブキッ・ビンタンで外せないのが「アロー通り」。ショッピングモール街から1本道を隔てると一気に庶民的な雰囲気に変わります。この約200mのアロー通りでは日が暮れると、50軒以上の屋台が道いっぱいに広がり賑わいを始めます。屋台のメニューは中華系シーフード、麺、マレー系のサテー(串焼き料理)と様々で何回来ても飽きません。ホテルをこのエリアにすれば夕食はこの界隈で決まりですね。

屋台街 アロー通り
エリア ブキッ・ビンタン
行き方 MRTブキッ・ビンタン駅A出口より徒歩すぐ
営業時間 夕方~24時位(店によって異なる)
予算 RM40~50程度(アルコール代金別)
備考 新鮮なシーフードもあり!

アジアの熱気を感じる【チャイナタウン】

いかにも中国っぽいチャイナタウンの入り口

いかにも中国っぽいチャイナタウンの入り口

どこの国にもチャイナタウンがありますが、クアラルンプールのチャイナタウンはここは中国なのではと錯覚するほどの本場の活気があります。それはクアラルンプールの人口の25%が華人という事もあるでしょう。KLセントラル駅からLRTで一駅パサール・スニ駅で下車、狭い路地が入り組んだ植民地時代からの古い街並みに、表通りの大衆食堂からは漢方を使った料理の独特な匂いが漂います。

チャイナタウンのローカル食堂で美味しい物を食べたい!

チャイナタウンのローカル食堂で美味しい物を食べたい!

ここのチャイナタウンではマレーシアン中華をぜひ味わってみてください!ワンタン麺や点心、チキンライス、肉骨茶などお腹に少しでも余裕があればいろいろチャレンジしたいですね。また、お土産探しにはセントラル・マーケットとは外せません。マレーシア各地の民芸品やお菓子だけでなく、インドや中国の雑貨まで取り揃えています。観光客に人気のこのエリアには安いバックパッカー宿も多く、美味しいお店はいつも混んでいます。人で賑わう店を選ぶと間違いないですね。

セントラル・マーケット
エリア チャイナタウン
住所 Jalan Hang Kasturi
HP http://centralmarket.com.my/
営業時間 10:00~21:30(状況により異なります)
備考 2階にはフードコートもあり

大都会に自然のオアシス?【KLCC周辺】

街のシンボル「ペトロナス・ツインタワー」

街のシンボル「ペトロナス・ツインタワー」

「KLCC(クアラルンプール・シティ・センター)」はクアラルンプール最大のビジネス街。そのシンボルとなる高さ452mを誇るペトロナス・ツインタワーは1998年に建てられ、以後5年間世界で最も高いビルとして君臨していました。首都クアラルンプールの写真としてよく使用されているのがこのツインタワーの写真ですね。ここには日系の伊勢丹や紀伊國屋なども入っているので、日本人はつい足を運んでしまいます。そしてこのエリアでもう一つのランドマークとなっているKLタワーには、全面透明のスカイボックスなる展望台がありインスタ映えスポットとして人気があります。絶景&恐怖体験したい方は是非。

KLタワーのスカイボックスから夜景を眺める~

KLタワーのスカイボックスから夜景を眺める~

また、このKLCC周辺はビジネス街でありながらとても緑が多く、市民の涼しいオアシスともなっているのです。KLCC公園には約1900種ものマレーシア原生木が植林され、大きな噴水ではレイク・シンフォニーと呼ばれるショーも行われるので注目。都会の雑踏に少し疲れたら公園で一休みするにもいい場所です。また周辺には水族館、美術館、劇場などもあるのでショッピング以外も楽しめるエリアです。

ペトロナス・ツイン・タワー
エリア KLCC
住所 LRT(クラナ・ジャヤ・ライン)下車徒歩すぐ
HP https://www.petronastwintowers.com.my/
入場料 RM80 スカイブリッジとオブザベーションデッキ
備考 ショッピングセンター「スリアKLCC」が入っている

いわゆる旧市街!?【ムルデカ・スクエア周辺】

「スルタンアブドゥルサマドビル」現在は最高裁判所

「スルタンアブドゥルサマドビル」現在は最高裁判所

クアラルンプールの市内観光で外せないのがこのムルデカ・スクエア(独立広場)。LRTマスジッド・ジャメ駅から徒歩圏内のこの場所はマレーシア独立を記念すべき場所でマレーシア発祥の地と言っても過言ではありません。独立記念日の式典は毎年この場所で行われます。また、広場前に建つ美しい「スルタン・アブドゥル・サマド・ビル」はイギリスのビクトリア様式、インドのムガール様式を融合させた植民地時代を代表する建物です。

シティ・ギャラリーにある「I LOVE KL」

シティ・ギャラリーにある「I LOVE KL」

この広場から徒歩圏内に建つマスジット・ジャメは市内最古のイスラム教モスク。赤い素焼きのレンガと白大理石とのコントラストが美しく、イスラム教徒でなくても目を奪われます。周辺の建物は19世紀の建物も多く、古い英国コロニアル式の旧印刷会社の建物を利用したクアラルンプール・シティ・ギャラリーや赤レンガを使用した旧鉄道事務局の建物を利用した国立織物博物館など町歩きも楽しいエリアです。

ムルデカ・スクエア(独立広場)
エリア ムルデカ・スクエア周辺
行き方 LRTマスジッド・ジャメ駅より徒歩約10分
住所 Dataran Merdeka
備考 1957年に独立が宣言された場所。広場の対面にあるのがスルタン・アブドゥル・サマド・ビルがあり、
市内最古のイスラム寺院マスジット・ジャメも徒歩すぐ。

郊外では外せない!【バトゥ洞窟&ピンクモスク】

バトゥ・ケイブ入口に立つにこやか顔のムルガン神

バトゥ・ケイブ入口に立つにこやか顔のムルガン神

クアラルンプールで毎日楽しむのもいいけれど、ちょっと郊外に行くとまた違う魅力的なものに出会えます。その中の一つが「バトゥ・ケイブ(洞窟)」。中心部から車で約20分で行けるヒンドゥー教の聖地です。到着すると目の前にどーんと巨大なムルガン神が立ち、背後の272段の階段を上ると大鍾乳洞に入っていきます。周りはカラフルな神様がいたりとてもフォトジェニック!ガネーシャ神もカラフルです。

ピンクモスク(プトラ・モスク)の内部は可愛いピンク

ピンクモスク(プトラ・モスク)の内部は可愛いピンク

また、もう一つフォトジェニックスポットとして人気があるのが通称「ピンクモスク」。クアラルンプールから車で40分ほどのところにある行政地区プトラジャヤにあるモスクです。内部はピンク系で統一され、厳かながら可愛い雰囲気。最近では郊外ツアーにも含まれるようになったのでそれに参加すると便利です。是非郊外へも足を延ばしてみて下さい。

バトゥ・ケイブ
エリア クアラルンプール近郊
行き方 KTMコミューターでバトゥケーブス下車 タクシーで約20分(RM50~60)
料金 無料
備考 ガイドと送迎の付く半日ツアーに申し込むと説明も聞ける

まとめ

クアラルンプールは大都会ですが一つずつエリアを見ていくと、下町の雰囲気あり、異国情緒あり、歴史あり、とそれぞれ特徴があり街歩きが本当に楽しめる街です。

マレーシアは食もマレー料理だけでなく、中華料理、ニョニャ料理も味わえ、何といっても物価が安いのが魅力的。

デラックスホテルも他の都市に比べると比較的お手頃価格で泊まれます。クアラルンプールだけでしたらちょっと週末2泊4日でも行けますので次の旅行の候補に入れてみてください。

Follow Us !

タイトルとURLをコピーしました