世界で見つける旅の思い出 こだわりの旅をプロデュース

海外旅行情報
旅行記
旅の写真集
お気に入り

スペイン入国制限|いつから行ける?コロナ後の旅行(最新) 

市場での食べ歩きでお腹も心も満たされる。

市場での食べ歩きでお腹も心も満たされる。

世界中でワクチン接種が進み、ようやく海外旅行も再開できるかと思われた2021年。しかしながら、新型コロナの感染拡大は収束に至っていません。
はたして、2022年、海外旅行に何の制限もなく行ける日は来るのでしょうか?

この記事では、スペインの現在の入国規制に関してお伝えします。

参考:外務省海外安全ホームページ
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo_161.html#ad-image-0

スペイン:いつから海外旅行に行ける?(4/25更新)

アンダルシアの州都・セビリアの街並み。

アンダルシアの州都・セビリアの街並み。

2021年9月20日より、日本はスペインが指定する「入国制限解除対象国・地域」から除外されたため、以下の場合を除き、日本からの渡航は禁止となりました。

(ア)ワクチン接種証明書(※1)の所持者
(イ)スペイン政府が指定する入国制限の例外(※2)に該当する者で、以下①~③のうち、いずれか1点の所持者
①スペイン到着前72時間以内に発行されたPCR検査の陰性証明書
②スペイン到着前48時間以内に発行された欧州委員会が認める抗原検査の陰性証明書
③治癒証明書
※1 日本の市区町村等で発行されるワクチン接種証明書はスペイン政府が指定する条件を満たすので有効。
※2 例外に該当するケースの詳細については、下記ページの「スペイン在住の方、スペインへの渡航を予定されている方向け情報」の「1 スペインへの入国時における制限について」を参照。
https://www.es.emb-japan.go.jp/itpr_ja/00_000927.html

断崖絶壁の町・ロンダの象徴であるヌエポ橋。

断崖絶壁の町・ロンダの象徴であるヌエポ橋。

また、国外からスペインに入国する全ての方に、以下の条件が必要とされます。
スペインに向けて出発する前に、スペイン保健省の専用ページ「https://www.spth.gob.es/」又は専用の無料アプリ「SPAIN TRAVEL HEALTH-SpTH」に表示されるフォーマット(注:人定事項や健康状態を問う内容)に電子的に記入、提出。
スペインへの入国条件に応じて必要とされる証明書(ワクチン接種証明書、陰性証明書、又は治癒証明書)の情報も入力する必要がある。
提出後、QRコードがメールで送付され、出発地での搭乗時及びスペインへの入国時に提示を求められる。証明書本体も提示を求められるので、必ず携行すること。

※3 参考ページ:https://www.es.emb-japan.go.jp/files/100235689.pdf

※4 官報では、「スペインに入国する全ての者」と記載されているが、空港管理会社(AENA)や航空会社によれば、EU・シェンゲン域外国居住者が、スペインへ入国せず、乗り換えのみでシェンゲン域外国(英国等)へ移動するトランジットの場合であっても申告書の提出が求められています。
また、出発時の空港カウンターでのチェックインの際にも、申告の有無がシステムでチェックされているとのこと。これらのことから、スペインに入国しないトランジットのみの場合でも、申告書を提出することが推奨されます。

※5 PCR検査等の陰性証明書については、スペイン政府が指定する入国条件とは別に、航空会社が搭乗に必要として同証明書の提示を求めることがありますので、御利用になる航空会社に必ず事前に御確認ください。

ただし乗り継ぎや周遊は注意!!一緒に旅行してはいけない国

パエリアの聖地バレンシアではウサギのお肉入りパエリアをご堪能あれ。

パエリアの聖地バレンシアではウサギのお肉入りパエリアをご堪能あれ。

スペインが日本人の受け入れを再開したとしても、他の国との周遊をお考えの場合は滞在する国および乗継ぎ地に至るまですべてに対して入念な下調べが必要です。

リンゴを発酵させて作ったシードルもお酒好きなら飲まねば!

リンゴを発酵させて作ったシードルもお酒好きなら飲まねば!

特にスペインはコロナウイルスの変異種が確認されたことにより、日本のように急遽方針を変更して、入国を認めない国も出てくることでしょう。

そのため他国との周遊ならびに乗継便の利用は控えておく方が今のところは無難です。

日本帰国後の規制について

巨人と間違えて突進してきたドン・キホーテを吹っ飛ばした風車群。

巨人と間違えて突進してきたドン・キホーテを吹っ飛ばした風車群。

スペイン旅行後についても忘れてはいけません。2022年4月25日現在、日本入国に際して下記の書類の取得、手続きが必要になります。
①検査証明書の提出
・スペイン出国前72時間以内に実施した検査のもの
・検査証明書は厚生労働省の所定フォーマットを使用
・医療機関又は検査機関により発行されたもの
・厚生労働省が指定する有効な検体採取方法、検査方法のもの
※スペインでのPCR検査機関は、下記を参照ください。
https://www.es.emb-japan.go.jp/itpr_ja/00_000926.html
②自宅等での待機・誓約書の提出
※下記の内容の検疫措置を遵守する旨を誓約します。
・待機期間中における公共交通機関の不使用
・自宅等での待機・位置情報の保存・提示
・接触確認アプリの導入等について誓約
※待機期間については、後述します。
③スマートフォンの携行、必要なアプリのインストール
・入国者健康居所確認アプリ(MySOS)
・接触確認アプリ(COCOA)
・スマートフォンの位置情報記録の保存設定
※スマートフォンの所持を確認できない場合、入国前に自己負担でのレンタルが必要です。
④質問票Webの事前登録
・到着前(自宅・空港・機内等)に滞在歴や健康状態、連絡先を入力しQRコードを取得
・QRコードを検疫官に提示
⑤新型コロナワクチン接種証明書の確認
・日本入国後の自宅等待機期間の緩和の基準となります。
⑥日本到着後の検査(検査、結果判明後に入国手続き)
・検査結果がでるまで空港内で待機します。

※日本入国時の水際対策をご自身でも確認をお願いします。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00209.htm

※ファストトラックは現在、成田、羽田、中部、関西、福岡空港にて利用可能となりました。ファストトラックとは、入国者居所確認アプリ「MySOS」に各提出書類を事前に登録しておくことで、一部検疫手続きを簡素化できるシステムです。詳細はhttps://www.hco.mhlw.go.jp/fasttrack/をご参照ください。便利なアプリの利用でスマートに旅を楽しみたいですね!

2022年4月25日現在、スペインは水際措置に係る指定国・地域に指定されていません。そのため、日本帰国時の隔離は以下の2パターンが適用されます。

①ワクチン3回目接種済みの方
待機なし
②ワクチン3回目未接種の方
原則7日間の自宅等待機⇒入国後3日目以降に自主的に受けた検査の結果が陰性⇒待機終了
※陰性の結果を厚生労働省に届け出た場合

入国後の公共交通機関の使用について、入国後24時間以内に自宅等待機のために自宅等まで移動する場合に限り、自宅等待機期間中であっても公共交通機関の使用が可能となりました。

22年、スペイン旅行を予約するなら今!

一度でいいから…この状態の生ハムにかぶりつきたい…

一度でいいから…この状態の生ハムにかぶりつきたい…

現地の感染状況が落ち着き、日本帰国後の自己隔離規制が撤廃されれば、スペインはまた人気の渡航先の一つになることでしょう。とはいってもまだまだ次の旅行のことを考える気分でない人も多いはずです。しかし考えてみてください。日本の自己隔離要請が撤廃されれば、これまで海外旅行に行きたかった人々が一斉に予約を入れ、旅行代金は高騰します。

フラメンコも一生に一度は本場で見てみたいなあ。

フラメンコも一生に一度は本場で見てみたいなあ。

また、検討中の旅行先について「相談した旅行会社のスタッフに知識がなかった」ということや「親身になって相談にのってもらえなかった」ことはありませんか?
その点、海外旅行専門店「ファイブスタークラブ」であれば安心です。
ファイブスタークラブのスタッフは定期的な現地視察を行っているため、一般的なツアーでは見つからないような組み合わせやこだわりの旅行もプランニングを得意としています♪
コロナ明けの旅行は試しにファイブスタークラブに相談してみては?

今回のトラベルアドバイザー
市川 真弓/20か国訪問

中高6年間吹奏楽に全ての時間を費やした一方、大学ではサークルや部活には所属せず自由に旅することが大好きになる。一人旅も好きなので、夜行バスやゲストハウスを利用して節約し、その分食べ物や観光にお金を使うスタイルの旅が多い。好きな国はトルコとモロッコ。旅行先で必ず買うお土産は現地のビール。

【FIVE PENGUINS ファイブペンギンズ】をフォローする
ヨーロッパ
ファイブスタークラブ

Follow Us !

タイトルとURLをコピーしました