世界で見つける旅の思い出 こだわりの旅をプロデュース

海外旅行情報
旅行記
旅の写真集
お気に入り

【カナダ旅行】定番観光地から知る人ぞ知るエリアまで!ここに行きたいベスト10

目にした瞬間に鳥肌がたち、生涯忘れられないと思った景色に出会ったことはありますか?海外旅行に魅了され40か国を訪れた今、私はハイキング、星空やオーロラ、海沿いの街散歩など、ゆっくり流れる空気感や四季、自然を感じられる旅が好きなことを知りました。思い返すと、私にその魅力を教えてくれたのはカナダでした。春はバンクーバーの桜で一味違うお花見を、夏はナイアガラの滝に圧倒され、メープルが彩る秋を堪能、そして澄んだ空気とホットチョコレートで過ごす冬。そんな四季折々の魅力たっぷりなカナダを今回はご紹介します。

カナディアンロッキー(アルバータ州)

 width=

カナディアンロッキーで見られる美しい湖のひとつ レイク・ルイーズ

カナディアンロッキーは2つの州にまたがり、4つの国立公園と3つの州立公園を合わせた計7つの自然公園から形成されている世界自然遺産です。公園の中には一度目にしたら忘れられない雄大な自然の絶景が広がっています。

 width=

運が良ければ野生のリスに遭遇できるかも…?

その中でも「レイク・ルイーズ」の不思議なエメラルドグリーン色の湖はカナディアンロッキーで最も美しいと言われています。見る場所や季節、時間によっても湖の色が変わるのが特徴です。また、白い雪と青、そして湖の青色のコントラストが美しいモレイン湖や西洋のお城に似ていることから名付けられた「キャッスルマウンテン」、そしてロッキー観光のハイライト「コロンビア大氷原」など見どころ満載。景色を堪能した後は、カヌーやハイキングなどアクティビティを体験するのもカナディアンロッキーの楽しみ方のひとつです。

ナイアガラの滝(トロント)

 width=

巨大な滝と水しぶきに圧倒される!

ナイアガラの滝はカナダとアメリカの国境を流れる世界三大瀑布のひとつで、カナダ滝、アメリカ滝、ブライダルベール滝の3つから形成されています。観光の王道、カナダ側では滝のすぐ側まで行く遊覧船アトラクション「ホーンブロワー・ナイアガラ・クルーズ」では滝の水しぶきと強風に圧倒されること間違いありません。夏の晴れた日に浴びる水しぶきは最高です。

 width=

夜のライトアップされたナイアガラの滝もお見逃しなく

滝を裏側から見る「ジャーニー・ビハインド・ザ・フォールズ」、そしてカナダ滝真横にあるビューポイント「テーブルロック」など見どころが盛りだくさん。また、ナイアガラの名物といえばアイスワイン。ナイアガラの滝から少し足を延ばしてナイアガラ・ワインルートを訪れるのもおもしろいです。

メープル街道(ケベック州&オンタリオ州)

 width=

秋色に染まるロレンシャンの風景

カナダの代名詞、メープルを一番美しく見られるのが秋。メープル街道とは紅葉の名所が点在する、オンタリオからケベック州にまたがる全長800kmの落葉樹林一帯の名称です。別名「ヘリテージ・ハイウェイ」と呼ばれカナダ開拓の歴史に深い関わりのあるルートでもあります。都市部と高原などのエリアではピーク時期も異なるので行きたいエリアにあわせて行程や日数を決めるのがおすすめです。

 width=

モン・トランブランのゴンドラ

モントリオール北部に広がる高原地帯「ロレンシャン高原」ではモン・トランブランでゴンドラに乗り、あたり一面の紅葉を堪能できます。また、「イースタン・タウンシップス」では湖や教会と紅葉色に染まる木々のまるで絵画のような風景が見られます。

ノートルダム大聖堂(モントリオール)

 width=

聖堂に入るとまず目に入るのが青と黄金に輝く祭壇

モントリオールはカナダ第二の都市、そしてパリに次いで2番目に大きいフランス語圏です。そしてモントリオール最大の見どころがノートルダム大聖堂です。モントリオール出身のセリーヌ・ディオンが結婚式を挙げたことでも知られています。

 width=

聖堂内の荘厳な雰囲気は観る者を魅了します

1829年に建てられたネオ・ゴシック様式の建物で、聖堂に入るとまず目を奪われるのがブルーのライトに照らされた黄金に輝く祭壇。また、7000本のパイプオルガンや大聖堂100周年を記念して取り付けられたステンドグラスは必見です。週末にはミサでパイプオルガンの演奏があり、夏季にはコンサートも開催されています。

ケベック・シティ

 width=

ケベック・シティの象徴「フェアモント・ル・シャトー・フロントナック」

ユネスコの世界文化遺産に登録されているカナダのフランス語圏「ケベック・シティ」。旧市街は石畳の小道や石造りの建物が連なり、ヨーロッパの都市のような美しい街並みが続きます。旧市街はアッパータウン、ロウア―タウンに分かれ、それぞれのエリアは所要時間約3時間で観光できます。アッパータウンには、ケベック・シティの象徴ともいえる「フェアモント・ル・シャトー・フロントナック」がそびえたちます。

 width=

かわいく美しい街並みが続く

また、北米唯一の城塞都市であり、「シタデル」はイギリス統治下時に建設されたカナダで最大の要塞です。フランスの家庭料理にルーツを持ち素朴な味わいのケベック料理もぜひ堪能したいところです。

キャピラノつり橋(バンクーバー)

年間80万人もの観光客が訪れる「キャピラノ渓谷」は、バンクーバー最古の観光スポットです。8千年以上も前から先住民が暮らす歴史深い場所で、森林浴や絶景を楽しめるのが魅力。そんなキャピラノ渓谷には、歩行用として世界最長を誇る全長137mの「キャピラノ吊り橋」があります。

1889年の建設当時は板と麻のロープで作られた簡易的な橋でしたが、現在はワイヤースチールで補強され、一度に1300人が乗っても耐えられるほど強力な橋となっています。敷地内には、木々の間を歩く「ツリートップ・アドベンチャー」や崖っぷちに備えられた「クリフウォーク」、先住民の芸術作品として有名なトーテム・ポールの展示など魅力あふれるアトラクションが目白押しです。

プリンス・エドワード島

 width=

のどかな風景がひろがる

島の名前は知らなくても、誰もが聞いたことがある小説「赤毛のアン」の舞台、それがプリンス・エドワード島です。島ならではの赤土の海岸線と青空、そこに広がるのどかな風景はまさに物語のイメージそのものです。

 width=

かわいらしい赤毛のアンの家の中

赤毛のアンゆかりの地を巡るのであれば、キャベンディッシュへ行きましょう。グリーン・ゲイブルズ(赤毛のアンの家)や恋人の小径、作者ルーシー・モード・モンゴメリの生家や、物語で描写された場所が点在しています。プリンス・エドワード島を訪れたらロブスターやムール貝などのシーフードグルメや赤毛のアングッズやキルト製品などかわいらしいおみやげショッピングも楽しみたいですね。

アイスキャッスル(エドモントン)

 width=

幻想的な氷のアート

カナダの冬は寒い!というイメージがありますが、だからこそ開催でき、楽しめる冬限定のイベントがあります。それがエドモントンの「アイスキャッスル」。人工的に水を流し続けることで氷のアートを作っています。

 width=

ライトアップされた氷のアートはフォトジェニック間違いなし!

百聞は一見に如かず!ということで写真を見て頂ければわかる通り、氷が輝く素敵な世界が広がります。夜はライトアップもされています。また、氷の滑り台もあり、お子さま連れはもちろん大人まで楽しめるスポットです。フォトジェニックな風景に一瞬寒さを忘れてしまいそうですが、防寒対策はしっかりと忘れずにしましょう。(2020年の情報です。イベント最新情報を必ずご確認ください。)

ペギーズ・コーブ(ノバ・スコシア州)

 width=

ペギーズ・コーブの灯台

ペギーズ・コーブはカナダ東部、ハリファックスの郊外にある小さな漁村です。むき出しの岩にそびえたつ灯台の風景が印象的で、映画「ハナミズキ」の舞台としても知られています。灯台の1階が郵便局になっていて、ここから出す郵便物には灯台マークの消印が押されます。

 width=

ペギーズ・コーブの風景

天候が荒れやすいエリアなので、事前の天気予報チェックはお忘れなく!このペギーズ・コーブやユネスコの世界文化遺産に登録されているルーネンバーグなどの大西洋海岸を走るドライブコースはライトハウス・ルートとして知られており、知る人ぞ知るカナダの穴場スポットです。

ケープ・ブレトン島

 width=

ケープ・ブレトン島の美しい紅葉

カナダ東部、ノバ・スコシア州北部にあるケープ・ブレトン島は未開発の豊かな自然が残る美しい島です。また、アイルランドやスコットランドからの移民が多いため、ケルト文化が色濃く残ります。

 width=

カボット・トレイル

北米で最も美しいドライブコースとして有名な「カボット・トレイル」は1周約300kmの海岸線と山道を走るコースです。四季折々の風景を感じることができますが、特に紅葉に染まった山々は必見です。ドライブコースはカーブも多く起伏も激しくなっています。1日で回るのは難しいので、コース沿いに宿を取り数日かけて雄大な景色を楽しみつつ、安全運転第一でドライブを楽しみましょう。
 

Follow Us !

タイトルとURLをコピーしました