世界で見つける旅の思い出 こだわりの旅をプロデュース

海外旅行情報
旅行記
旅の写真集
お気に入り

ペルー入国制限|いつから行ける?コロナ後の旅行(最新)

ワイナピチュから見たマチュピチュ(マチュピチュ村)

ワイナピチュから見たマチュピチュ(マチュピチュ村)

ペルーは2020年10月5日より出入国が可能となり、商用の国際線・国内線運航も一部始まりました。もちろんペルー自体が出入国可能でも、日本帰国後の制限が緩和されない限りは安心して旅行できません。しかし、日本帰国後の制限が撤廃されれば、近い将来以前のように旅行に行けるようになるでしょう。こちらの記事では、ペルーの入国規制の現状についてご紹介していきます!

参考:外務省海外安全ホームページ
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo_261.html#ad-image-0

ペルー:いつから海外旅行に行ける?(10/1更新)

マラス塩田<聖なるインカの谷>

マラス塩田<聖なるインカの谷>

ペルーは現在条件付きにて出入国可能です。条件は下記の通りです。

クスコの町の眺め<クスコ>

クスコの町の眺め<クスコ>

①全ての入国者はワクチン接種の有無にかかわらず、出発地の搭乗ゲートにおいて、ペルーへの直行便の出発72時間以内のPCR検査陰性証明の提示が必要
②全ての入国者はペルー入国管理局のホームページにて、ペルーへの直行便の出発前72時間以内のオンライン誓約書の提出が必要
※入国後の14日間強制隔離は2021年5月10日付で廃止。

ただし乗継ぎや周遊は注意!!一緒に旅行してはいけない国

ナスカの地上絵、トンボ<ナスカ>

ナスカの地上絵、トンボ<ナスカ>

ペルーが日本人の受け入れを許していたとしても、他の国との周遊をお考えの場合は滞在する国および乗継ぎ地に至るまですべてに対して入念な下調べが必要です。例えばアルゼンチンはペルーと同じ南米に属する国ですが、日本人のみならず観光客の受け入れを開始していません。

ウロス島 島のマーケットにて<ウロス島>

ウロス島 島のマーケットにて<ウロス島>

ボリビアはPCR検査の陰性証明書があれば入国可能ですが、入国後、10日間の強制隔離が実施されています。このように各国によって状況は異なりますので、周遊旅行をお考えの場合は、最新情報を入手し、しかるべき準備をしておくことが必要です。

日本帰国後の規制について

アルパカとリャマ牧場(アワナカンチャ)

アルパカとリャマ牧場(アワナカンチャ)

ところで国籍を問わず海外から日本へ入国する場合、①出国前72時間以内の検査(陰性)証明書の提出②入国時の抗原検査③自宅等で入国後14日間の待機及び「誓約書」の提出がこれまで義務づけられておりましたが、2021年9月30日よりペルーからの入国者について水際対策が強化されました。

民族衣装を着る子供たち<オリャンタイタンボ>

民族衣装を着る子供たち<オリャンタイタンボ>

日本到着後の新型コロナウイルスの検査結果が陰性であっても検疫所が指定した施設等でまずは6日間強制隔離がなされ、入国後6日目に改めて検査し、その上で陰性と判定された場合に、入国後14日間の残りの期間(8日間)を自宅等で待機するという流れに変更になりました。世界的にワクチンの接種が始まり、徐々に世界が開かれていくと思われた矢先、ここで大きく後退することになったのは残念ですが、今は、いずれ来るであろう夜明けを信じて、STAY HOMEでできることを行っていきましょうね!

2021年、ペルーの旅行を予約するなら今!

コンドル<キャニオン・デル・コルカ>

コンドル<キャニオン・デル・コルカ>

日本帰国後の規制が解禁される前に、「格安のうちに旅行を予約したい!」「旅行の相談をしておきたい!」という方も多いはず。
でもキャンセルチャージがすぐかかるかどうかが不安だったり、検討中の旅行先について「相談した旅行会社のスタッフに知識がなかった」ということや「親身になって相談してくれなかった」ことはありませんか?
その点、海外旅行専門店「ファイブスタークラブ」であれば安心です。企画旅行契約のツアーであれば出発日の30日前以降からしかキャンセルチャージの対象となりません(ピーク期は40日前 ※一部手配旅行のみの取り扱い商品もあるようです。詳細は各旅行会社にお問い合わせ下さい。)。

モライ遺跡<クスコ>

モライ遺跡<クスコ>

さらにファイブスタークラブのスタッフは定期的な現地視察を行っているため、一般的なツアーでは見つからないような組み合わせやこだわりの旅行のプランニングも得意としています。
コロナ明けの旅行は試しにファイブスタークラブに相談してみては?

ペルーの行き方

フォルクローレディナーショー<クスコ>

フォルクローレディナーショー<クスコ>

日本からペルーへの直行便はなく、米国、カナダ、ヨーロッパで乗り換えて、リマに到着するのが一般的です。ペルーへのアクセスが最も楽なのはヒューストン乗り換えのユナイテッド航空です。ヒューストン乗り換えなら最終目的地ペルーまでバゲージスルーのため、乗り継ぎ地で荷物をピックアップしたり預け直しをしたりする必要がありません。所要時間も最短の20時間50分です。

ラタム航空

ラタム航空

南米大手の航空会社ラタム航空もおすすめです。日本には就航していないため、日本から北米は日本航空利用となり、北米からペルーがラタム航空利用となります。ぺルー国内線も就航しているためお得な周遊券でカバーできます。

ペルーの気候

ワカチナ オアシス<ワカチナ>

ワカチナ オアシス<ワカチナ>

南半球にあるペルーの季節は日本とは真逆です。四季はなく、主に乾季(5月~10月)と雨季(11月~4月)で分かれます。また、「海岸・砂漠地帯(コスタ)」「アンデス山岳地帯(シエラ)」「ジャングル地帯(セルバ)」と3つの地域によって気候が大きく異なるため、ペルーの旅行シーズンは、訪れる地域によって様々です。

チャンチャン遺跡<トルヒーヨ>

チャンチャン遺跡<トルヒーヨ>

アンデス山岳地帯(マチュピチュ、クスコ、チチカカ湖など)とジャングル地帯(プエルトマルドナード、イキトスなど)は5月~10月がベストシーズンですが、海岸・砂漠地帯(ナスカ、リマ、トルヒーヨなど)では11月から4月が暖かく晴天率の高いベストシーズンです。

ペルーの見どころ

マチュピチュ遺跡にて<マチュピチュ村>

マチュピチュ遺跡にて<マチュピチュ村>

南米でトップの人気を誇るペルーには世界遺産のマチュピチュやナスカの地上絵といった古代遺跡をはじめ、砂漠のオアシスリゾート・ワカチナ、野生動物の楽園バジェスタス島など、魅力的な観光地が沢山あります。

レインボーマウンテン(クスコ近郊)

レインボーマウンテン(クスコ近郊)

初めてペルーを訪れるのであれば、「マチュピチュ遺跡」「クスコ」「聖なるインカの谷」の3カ所がおすすめです。クスコ近郊にある絶景スポット「レインボーマウンテン」も昨今人気があります。頂上からのみ観ることができる、その名の通りレインボーのようなカラフルな地層の連なりはインスタ映えすること間違いなしです。

今回のトラベルアドバイザー
渡邊 竜一/85か国訪問

初海外は南米ペルー。発掘調査でペルーを訪れたことをきかっけに、中南米の魅力にどっぶりハマる。ここ10年間は1年に4・5回、秘境を中心に海外にでかける生活をし、気が付けば海外訪問国数は96カ国。100カ国の大台まであと少しだ。これからも、自ら未知の国を訪れ、その魅力を発信していきたいと考えている。

【FIVE PENGUINS ファイブペンギンズ】をフォローする
中南米
ファイブスタークラブ

Follow Us !

タイトルとURLをコピーしました