世界で見つける旅の思い出 こだわりの旅をプロデュース

海外旅行情報
旅行記
旅の写真集
お気に入り

ミャンマー入国制限|いつから行ける?コロナ後の旅行(最新) 

2019年世界遺産に登録されたばかりのバガン遺跡

2019年世界遺産に登録されたばかりのバガン遺跡

ミャンマーはひと昔前まで外国人には「強制両替」が課せられ旅行しにくい国のイメージがありましたが、2011年軍政が終わったのを期に民主化が進み観光業も発展しました。2019年にはバガン遺跡も世界遺産に登録され、ますます人気が出るであろう国のひとつです。2018年より日本人は一旦ビザも不要となり観光客が徐々に増え始めていたところに今回のパンデミックが起きてしまいました。そこから追い打ちをかける様に2021年2月に起こったクーデターは情勢を不安定なものに。暫く見守っていくしかありません。

参考:外務省海外安全ホームページ
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo_018.html#ad-image-0

ミャンマー:いつから海外旅行に行ける?(4/11更新)

2018年のファイブスタークラブの社員旅行はミャンマーでした

2018年のファイブスタークラブの社員旅行はミャンマーでした

◆入国:観光目的の日本人はまだ入国が出来ません。
政府事業、建築事業、経済活動等に係る職務を果たすことを目的とする場合に限り、一定の条件の下、外国政府関係者及びビジネス関係者への査証発給を再開し、入国を許可しています。
・出発前72時間以内に発行された陰性証明書の携行
・出発前7日間に自宅隔離していたことを示す証明書(所属企業発行のものでも可)
・ミャンマー到着後10日間の施設隔離(3日目及び7日目にPCR検査(費用は自己負担))
◆感染症危険情報:レベル2(不要不急の渡航中止)

子供連れにも安心、穏やかな国ミャンマー

子供連れにも安心、穏やかな国ミャンマー

◆ミャンマー国内情勢に関する注意喚起
2021年2月1日にミャンマー国軍が政府の全権を掌握したことを受け緊急事態が発表されました。人的被害は限定的ではありますが、ヤンゴン市内中心部で比較的短い期間に集中的に発生していることから、不要不急の外出を控えると共に、安全には十分注意して行動するよう喚起されています。
◆2022年4月17日の商業便再開

ミャンマーまで乗り継ぎ便利用の場合の注意は!?

空港に到着した時はウキウキしますね!

空港に到着した時はウキウキしますね!

ミャンマーへ訪れる際はヤンゴンへ就航している全日空の直行便利用が一番便利です。他の方法としては隣国からの乗り継ぎ便も便数が多く便利です。ただし、「withコロナ」時代は他国での乗り継ぎ便は要注意です。ミャンマーが入国可能となっていても、利用する乗り継ぎ地にどの様な規制があるのかを確認しなければなりません。

隣国タイとの周遊の場合、タイの入国規制も都度確認を!

隣国タイとの周遊の場合、タイの入国規制も都度確認を!

他国との周遊旅行についても確認が必要です。隣国ベトナム、ラオス、タイなどに行く際にも「日本人の入国が可能か」、「ミャンマー滞在後の入国が可能か」、「入国に必要な書類は?(PCR検査陰性証明書など)」等、目的国の規制情報を必ずご確認ください。

ミャンマーから日本へ帰国後の規制について

帰国してからの規制は?<空港イメージ>

帰国してからの規制は?<空港イメージ>

◆日本に帰国・・・「水際対策強化に係る新たな措置」において、【全ての入国者に対して出国前72時間以内の検査証明の提出を求めるとともに入国時の検査を実施する措置】は、当分の間、継続しています。
・全ての入国者(帰国者)に対し、出国前72時間以内の検査証明の提出を求める
・入国時の検査を実施
・出国前72時間以内の検査証明を入国時に提出できない場合は、検疫所が確保する宿泊施設に待機となります。
・入国後の隔離措置について
A)オミクロン株が支配的となっている国・地域【指定国】より
①ワクチン接種(3回)済・・・「3日間自宅等待機+自主検査陰性」(検査を受けない場合は7日間待機)
②ワクチン接種無し・・・「3日間検疫施設待機(+施設検査陰性)」
B)上記以外の【非指定国】より
③ワクチン接種(3回)済・・・「待機無し」
④ワクチン接種無し・・・「3日間自宅等待機+自主検査陰性」(検査を受けない場合は7日間待機)
◆ミャンマーは【非指定国】となります。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00342.html
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00249.html

お土産も旅の思い出のひとつ・・・

お土産も旅の思い出のひとつ・・・

2022年に感染拡大したオミクロン株が今後どの様にピークアウトしていくかまだわかりませんが、日本も入国緩和が始まりそう?なので、今年こそは海外へ出られるのではないでしょうか。

2022年のミャンマー旅行を予約するなら今からも可能!

インレー湖伝統の片足漕ぎはここでしか見られません!

インレー湖伝統の片足漕ぎはここでしか見られません!

未だ軍事政権のままとなっているミャンマーはコロナだけでなく情勢が不安定の為、旅行は少し先になりそうですが現在町は落ち着いてはいるようです。このまま落ち着いて観光客も行ける様な状況になって欲しいと願うばかり。ミャンマーの人々の篤い信仰心や温かい笑顔など戻ってくる時期が来たら真っ先に予約を入れたいですね。
ミャンマーの知識が豊富なスタッフの集まる海外旅行専門店「ファイブスタークラブ」では、ミャンマーで行くべき場所など、実際に現地を訪れているスタッフがご案内。先のご相談も大歓迎です。
ファイブスタークラブのスタッフは定期的な現地視察を行っているため、一般的なツアーでは見つからないような組み合わせやこだわりの旅行もプランニングを得意としています。

仏塔の数に圧倒されるカックー遺跡

仏塔の数に圧倒されるカックー遺跡

コロナも落ち着き、情勢も回復したら行きたいと思っていたらぜひ早目に計画&ご相談を!なかなか取りにくいホテルなども予約の動きのない早い時期に押さえておくのもひとつ。もちろんキャンセルチャージについても旅行会社にご相談ください。

今回のトラベルアドバイザー
能祖 文子/66か国訪問

海外で赴くままに町を歩いている時間がとても好き。初めて訪れる国に飛行機が降り立った時の高揚感が好き。街角で飲むその国のビールも好き。アジアの雑踏、ヨーロッパの石畳、イスラム圏のアザーン、とてつもない広さの大自然、どれも好み。ずっと旅していたい。

【FIVE PENGUINS ファイブペンギンズ】をフォローする
アジア
ファイブスタークラブ

Follow Us !

タイトルとURLをコピーしました