世界で見つける旅の思い出 こだわりの旅をプロデュース

海外旅行情報
旅行記
旅の写真集
お気に入り

ドミニカ国とは?どこにある国?ツアーや行き方もご紹介

フルーツが島中でたわわに実るまさに楽園

フルーツが島中でたわわに実るまさに楽園

カリブ海にはドミニカという名の付く2つの国があります。ひとつは比較的有名なドミニカ共和国。普通ドミニカと言われるとこちらを思いつく人がほとんどでしょう。でももうひとつ、カリブ海に浮かぶ小さな島国「ドミニカ国」というのがあるのです。独立国なのに佐渡島くらいの大きさです。公用語は英語、ドミニカ共和国はスペイン語なので全く違います。2つのドミニカはともにコロンブスが発見したけれど、スペイン領だったドミニカ共和国と異なり、こちらはフランス人が最初に入植後1805年にイギリスの植民地となり後独立。まったく別世界の小さな、でも魅力あふれるドミニカ国をご紹介しましょう。

ドミニカ国ってどんな国?

島中が緑であふれる自然の島

島中が緑であふれる自然の島

親指しかない右足の形、それがドミニカ国の島の形です。大きさは佐渡島位。カリブ海の中ではマルティニークの北に位置している奥地の島で、ドミニカ共和国とは大きさも場所も全く異なります。国際線のフライトが着くメルビルホール空港は島の北東部に位置する田舎の駅のような小さな空港。首都のロゾーの町は島の南部にあって所要1時間15分ほどで、町のホテルに向かう道中がまさに島内縦断なのです。飛行機が着陸する時も一面のジャングルと深い山々が真近に迫り、峰にぶつからないかハラハラするほどだったけれど、あぜ道のように曲がりくねった道を走っていると、この国がいかに自然にあふれているかを思い知るのです。

大型クルーズ船が首都ロゾーに 停泊

大型クルーズ船が首都ロゾーに 停泊

カリビアンクルーズのクルーズ船がよく停泊する島としてドミニカ国は有名です。大きなクルーズ船が停泊するのはロゾーの港で、クルーズ船がいる間はたくさんのクルーズ客が上陸して賑わいます。出航していなくなれば、この島はガランと静まり返るのです。クルーズ客以外の観光客が少ないせいで、リゾートホテルも少ないのが納得です。クルーズ船のいない時に訪れたら、この素朴で自然豊かな島を独占できるのでおすすめなのです。

カリブのネイチャーアイランド、でもビーチはないです

緑が多く、花がたくさん 咲くドミニカ国

緑が多く、花がたくさん 咲くドミニカ国

ガイドのピーターソンさんはこの島のことを「カリブのネイチャーアイランド」と呼んでいました。緑と花々の美しさ、たわわに実るたくさんのフルーツ。マンゴ、パパイヤ、コーヒー、バナナ、グレープフルーツ、アボカド、シナモン、レモングラス、パンの木、パッションフルーツなどなど、まるで植物図鑑みたいになんでも生えているのです。見ていてワクワクが止まりません。
大自然の島なので動植物は豊富で、鳥類も170種を超え、世界最大のカブトムシであるヘラクレスオオカブトなど希少な昆虫も多いそうです。

フォートヤングホテルはビーチがないけどプールあり

フォートヤングホテルはビーチがないけどプールあり

島にはカリブによくあるゴージャスなリゾートホテルは存在しません。私が泊まった「フォートヤングホテル」は島では高級ホテルとされていますが、4つ星のカジュアルなホテルで、ロゾーの町の海に面したところにありました。ちょうど目の前に大型クルーズ船が停泊していました。もちろんクルーズ客は船内に泊まるので、ホテルには観光客は少なめです。
カリブ海の波がザバーッと打ち寄せていますが、ビーチはありません。カリブで美しい白砂ビーチがない国は珍しいほどです。島民も海水浴をする習慣はあまりないのかも。

ジュラシックパークみたいな世界遺産の国立公園

世界遺産のエメラルドプール

世界遺産のエメラルドプール

ガイドさんの案内で島めぐりに出かけました。ドミニカ共和国やキューバのようにコロニアルな街並みがあるわけでなく、名所旧跡があるわけでもありません。手つかずの自然があるだけ、でもその自然が格別に美しい。だからこそのネイチャーアイランドです。
世界遺産に指定されている「モーン・トロワ・ピトン国立公園」。標高1300mの山があり、人気のハイキングコースがあります。熱帯雨林の中を分け入っていくと、急にパラパラと雨が降ってきたりして熱帯のムードも満点。カシューナッツの花が咲いています。ガムの木は削って匂いを嗅いでみたり、シナモンの木も幹の皮を削って匂いを嗅がせてもらったり、道中も楽しみがいっぱいです。
「エメラルドプール」と呼ばれる澄み切った天然のプールがありました。小さいながら滝もあって、ジュラシックパークの世界に入り込んでしまったような気分です。

人っ子一人いなかったエメラルドプール

人っ子一人いなかったエメラルドプール

地元の人たちも海で泳ぐよりも、ひっそりと涼しいこうした天然のプールでひと泳ぎを楽しんでいるようです。それにしても不思議なことに、公園に入場するチケット売り場には観光客はおろか係員すらいません。土産物屋らしき数軒の屋台もクローズして売り子もいません。聞けば、週に1回クルーズ船が来る時だけオープンするそうです。ちょうどクルーズ船は出航していなくなったので、今はお客さんもいないわけです。これほど極端に島内の人口が変化する島も珍しいでしょう。おかげでエメラルドプールもほとんど独占状態で楽しむことができたのです。

先住民族のカリブ族に会いにいく

カリブ族の子供

カリブ族の子供

ドミニカ国にはアフリカ系やムラートと呼ばれる混血、その他にカリブ族などが暮らしています。
かつてヨーロッパ人が来る以前は、先住民アラワク族が住んでいましたが、14世紀頃に南米から来たカリブ族に追いやられたのです。 以来、コロンブスによる島の発見後、フランスによる植民地となる前、当初はスペインによる統治に対して先住民のカリブ族による激しい抵抗が始まったのです。その後長い歴史を経て独立国となったドミニカ国ですが、カリブ族の子孫は今なお島に残っているのです。

籠を売るカリブ族の少女

籠を売るカリブ族の少女

島の北東部に、先住民族のカリブ族が暮らすカリブテリトリーの村があるというので、ガイドさんに連れて行ってもらいました。そこにはカリブ族が3500人ほど暮らしていました。ガイドさんの友達というカリブ族の家族に会いに行きました。
家族で籐の籠や小物入れなどを売っています。お母さんが籠を丁寧に編んでいるのを見せてくれました。子供たちはタンクトップを着て結構お洒落なファッションです。
籠や小物入れはどれもかっちり編んであって品質もいいので、カラフルできれいな蓋つきの小物入れをふたつお土産に買いました。手間暇かかっているのにひとつ5ドルとは悪いような。でもそれは家で小物入れとして今も活躍しています。

ドミニカ国への行き方

ドミニカ国のビール

ドミニカ国のビール

日本からドミニカ国への直行便は出ておらず、便利なのはプエルトリコのサンファン経由のアメリカン航空です。成田からダラス経由でサンファンまでは乗り継ぎ時間を合わせて22時間40分ほど。そこからアメリカン航空で1時間45分のフライトとなります。サンファンでも乗り継ぎ時間が長いので、ついでに全くイメージの異なる近代的なカリブの島プエルトリコを観光してから行くのもおすすめです。素朴な自然ばかりの島国ドミニカ国との対比が真逆で楽しいものです。

首都ロゾーのマーケット

首都ロゾーのマーケット

またドミニカ国からの帰りに他のカリブの島々を周遊するなら、リアットカリビアン航空などが便利でしょう。
本文中にも出てきたように、ドミニカ国はカリビアンクルーズで大型の船が立ち寄る島でもあるので、一度にいろいろ行ってみたい人はクルーズ船に乗れば手っ取り早いでしょう。ただし、クルーズ船だと、寄港する時間が限られ、上陸観光する時間もそれほど取れないケースが多いようです。しかも他のクルーズ客と一緒にぞろぞろ団体行動をとるというのも秘境感が皆無でおすすめではありません。ここはやはりフライトで飛んで入り、クルーズ船がいないタイミングで、この島の自然を独り占めすることを目指しましょう。

ドミニカ国のツアー

エメラルドプールを目指してハイキング

エメラルドプールを目指してハイキング

ドミニカ国のツアーを探してみても、この国を扱っている旅行会社は極めて少ないでしょう。あったとしても団体旅行では単体ではなく他の島々も周遊するプランが一般的です。島々が自分の思い通りではないコースしかないかと思います。融通が利かないので、自分が行きたい島が入っているかどうか次第ですが、できれば希望に応じたプランを個人旅行として組んで手配してくれる旅行会社を見つけることがおすすめです。見所を上手くカバーしたいくつかのツアーのモデルコースを揃えて個人旅行を催行している旅行会社で探すのが得策です。団体旅行は今や3蜜。アフターコロナ、withコロナのこれからの時代にフィットする旅のスタイルとは言えません。個人旅行の時代なのです。

魚入りのタコスはチーズもたっぷりで美味

魚入りのタコスはチーズもたっぷりで美味

カリブ海に強く、実際にスタッフがドミニカ国へも訪れて、旅のアドバイスができる会社であることが大切です。ベースとなる個人旅行のモデルコースがあるので、それを多少アレンジしてもらったり、自分だけのプランを作ってくれるはずです。個性の異なるカリブのほかの島とのコンビネーションもおすすめです。もうひとつのメジャーな方のドミニカ共和国と組み合わせて、2つのドミニカを対比してみるのも面白いでしょう。他にもバルバドスやアンティグアやグレナダ、行きに経由するプエルトリコなど様々な可能性が広がります。

まとめ

強面だが優しく世話好きなガイドのピーターソンさん

強面だが優しく世話好きなガイドのピーターソンさん

いかがでしたか?未知なる国、カリブのネイチャーアイランド・ドミニカ国ですが、この国の魅力がわかり少し身近な存在になれば幸いです。コロナが終息したら、この小粒でもピリリと見所の凝縮した島国を見てみたい、大自然のある所でリラックスしたいと考えているあなた。ぜひこの国も旅先候補に入れてみてください。

マンゴが熟す頃食べに来てください

マンゴが熟す頃食べに来てください

 

Follow Us !

タイトルとURLをコピーしました